ジェルネイルが長持ち!アセトンでオフしない!爪にやさしい最先端の技法
オフしないマシーンフィルフィン1層残し®

オフしないマシーンフィルフィン1層残し®

オフしないマシーンフィルフィン1層残し®技術とは…

マシーンを使ってトップジェルやカラージェルは削り、ジェルのクリアベースをごく薄く1層だけ残しながらカラーやデザインを新しくチェンジする施術メニューです。
ジェルを落とすための溶剤(アセトン)は、非常に肌やつめに刺激が強いため、当サロンでは溶剤をできる限り使用せず爪の痛みを最小限にとどめながら、平均約5週間以上の持ちの良さが通年可能な施術です。

【施術工程】
①マシンを使用し、ベースジェルを1層残し削っていきます。(※画像B参照)
長さや形を整えます。
※画像Aは、施術から5週間経過したジェルネイル。
丁寧な下処理をしていますので、約1ヶ月経っても爪とジェルがしっかりと密着しています。

伸びてきた自爪部分のみ下処理を行います。
爪の汚れや脂分などをしっかりとぬかりなく取除き、ジェルの密着を定着させるために爪の表面を毛羽立たせていきます。
(毛羽立たせる工程は、ジェルをオフしない限り1度しか行いません。)

③下処理を行った自爪部分にベースのクリアジェルを塗布します。

④お好みのカラーやデザインを描いていきます。

⑤仕上げは、強度がだせるハードジェルを塗布して終了です。(※画像C参照)

マシーンフィルフィン1層残し

マシーンフィルイン1層残し®は株式会社ReiRoseの登録商標です。